NAGASEグループでは、グルーブが目指す「人々が快適に暮らせる安心・安全で温もりある社会」のためには地球環境が持続可能なものであることが大前提であると考えています。

現在、地球環境の変化は、世界中の企業や人々に対して大きな決断を迫っています。NAGASEグル―プでは、低炭素社会、循環型社会の実現、汚染防止、生物多様性の保全、水の利用といった環境課題に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。

環境規制の遵守

NAGASEグループは、環境に関する基本的な考え方のもと、環境に関する法・規制を遵守し、グループ一体となって環境負荷低減に取り組んでいます。グループ会社に法令違反が生じた場合は、当該グループ会社から「リスク・コンプライアンス委員会」に報告し、グループ全体でその状況を把握できる仕組みを構築しています。今後は現行の環境関連法令の遵守に加え、検討中や施行予定の法制度への対応準備も強化します。

気候変動対策

気候変動の影響は、環境・社会および人々の生活・企業活動に深刻な影響を及ぼすようになっています。

世界全体で温室効果ガスの排出削減を進めていくパリ協定が2015年に締結され、民間セクターが果たすべき役割への期待が高まっています。

NAGASEグル―プにおいても、グループをあげた気候変動対策の必要性を認識しており、今後は気候変動シナリオの設定および管理についての手法を検討していく必要があると考えています。

水リスクへの対応

国連が進める持続可能な開発目標(SDGs)を通じて、すべての人々への安全な水の確保を目指し、水へのアクセスを含む、より豊かな生活の実現が求められています。

こうした状況を踏まえ、NAGASEグル―プでは、事業活動の中で適切な量の利用、リサイクル、再利用を徹底すると共に、利用効率の改善、使用量の削減に取り組んでいます。

汚染防止

生物多様性についての考え方

NAGASEグル―プでは、生態系サービスを支える生物多様性に配慮し、その維持・保全に努めることは重要な環境課題であると認識しています。

こうした認識のもと、今後は生物多様性に関する方針を立てたうえで、自治体や環境NGOなどとの連携を踏まえ、NAGASEグループで出来る取り組みについて検証していきます。