労働安全衛生

労働安全衛生についての考え方

NAGASEグループは、全ての事業活動において「人間尊重」を基本理念としており、労働安全衛生は事業活動を推進するうえで重要な前提条件の一つと考えており、労働安全衛生活動を積極的に行うことで、継続的な改善、安全で明るく快適な職場の形成を推進しています。

労働安全衛生基本方針

  • NAGASEグループ全従業員が一丸となり、安全第一で無事故無災害の職場を目指します。
  • 職場から負傷・疾病の芽を取り除き、健康で安心して働ける職場環境づくりに努めます。
    とりわけグローバルな健康課題であるHIV / エイズ、結核、マラリアなどに対し、その防止に注力します。
  • 労働安全衛生に関連する法令及び同意するその他の要求事項を遵守します。
  • 本方針を目標に展開・実行し、定期的にレビューを行い活動方法及び成果の継続的改善を行います。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムを有効に活用するため、取締役会での決議に基づき適切に経営資源を投入します。

労働安全衛生の推進体制

NAGASEグループにとって、それぞれの職場において従業員の安全・健康を確保することは、企業として果たすべき重要な責任のひとつです。

国内外のさまざまな地域で活躍する従業員とその家族が安全・健康であることを望むとともに、従業員が安心して働けるよう、事件・事故・災害等の緊急事態における対応、健康管理に対する万全な体制の構築に努めています。

また、製造拠点における災害発生リスクに対しては、従業員のけがなど労働災害を未然に防止するため、各製造拠点の実情に応じた取り組みを実施するなど、各種安全衛生活動に取り組んでいます。万が一、災害が発生した場合は即時対応するとともに、事例をもとに安全衛生の管理水準向上に向けてさまざまな改善施策を講じています。

健康経営への取り組み

NAGASEグループは、「人々が快適に暮らせる安心・安全で温もりある社会」を目指しています。そのためには、グループの財産である、従業員とその家族が心身ともに健康であることが大切であり、最も重要な経営課題です。

そのためNAGASEグルーブでは、グループ社員の健康の維持向上を支援すべく「NAGASE健康宣言」を策定・公表し、これを推進しています。

NAGASE健康宣言

NAGASEグループは、「人々が快適に暮らせる安心・安全で温もりある社会」を目指しています。そのためには、グループの財産である、従業員とその家族が心身ともに健康であることが大切であり、最も重要な経営課題です。NAGASEグループでは、長瀬産業株式会社代表取締役社長を最高責任者とし、従業員一人一人の健康維持・促進のための各施策を推進します。

施策及び具体的な取り組み

健康支援施策
  • 健康診断(定期健康診断、生活習慣病健診、年輪健診、海外渡航者・一時帰国者・帰国者の健康診断)
  • 特定健診・特定保健指導
  • 各がん健診
  • 郵送がん健診
  • 歯科健診
  • インフルエンザ予防接種実施
  • 治療と仕事の両立支援
  • 女性の健康保持促進への支援
  • 家庭用常備薬の配布・あっせん
  • ファミリー健康相談
  • ベストドクターズ・サービス
メンタルヘルス対策
  • メンタルヘルスカウンセリング
  • メンタルヘルス研修
  • 復職サポート
  • ストレスチェック
健康促進
  • 長瀬クラブによる部活動
  • 事業所内マッサージ室設置
  • ウォーキングイベント実施
  • 禁煙デーの設置
  • 禁煙サポート
  • 保養施設の利用促進
  • 長時間労働削減対策
  • 週一回のノー残業デー設定
  • 部署ごとの時間外勤務状況の掲示

健康経営優良法人の認定について

長瀬産業は、経済産業省と日本健康会議により「健康経営優良法人」2019(ホワイト500)に認定されました。
ホワイト500は、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。

働き方改革に向けた取り組み

NAGASEでは、グループ全体の生産性・ワークライフバランスを高めていくために、個々の従業員が生産性・効率性を踏まえたメリハリのある働き方をすることが重要と考えています。

こうした考えのもと、NAGASEでは従業員の働き方の改善に向けた議論や取り組みを進めています。

例えば、毎月開催する衛生委員会の場では、「柔軟な働き方」「有給休暇の取得の促進」「時間外労働の削減」を主要な取り組み課題とし、社員からの職場・勤務環境に関するアンケート結果も活用しながら、社員がより働きやすい職場環境の構築について労使共同で協議を重ねています。

働きやすい環境づくりのための各種制度・施策

制度・施策 概要
配偶者出産休暇 配偶者の出産日当日に与える休暇
フレックス勤務 (研究・開発業務従事者対象)業務の都合に合わせて、社員が自律的に出社や退社の時刻を決定することを認めるもの
リフレッシュ休暇 心身のリフレッシュを図ることを目的として、勤続満15年目の社員に与える休暇
くるみん

育児・介護をする社員を対象としたフレックス勤務制度の適用拡大

社員の柔軟な働き方の実現を進める一環として、旧来のナガセR&Dセンターで研究に携わる社員に加え、2017年4月より育児や介護をする社員を対象に適用を拡大しています。

労使関係について

NAGASEグループでは、世界人権宣言やOECD多国籍企業行動指針の基本原則を支持し、従業員に対して労働基本権を保障しています。また、労働組合が労働三権(団結権、団体交渉権、団体行動権)を保有することを認めています。

労使協議については、労使協議の場を設け、労働条件や労働環境などの課題について労使間で情報共有を図り、労使一体となって課題解決にあたっています。
海外拠点においても各国の労働法制に則り、労働組合と良好な労使関係の構築に努めています。

現地雇用、現地調達について

NAGASEグループは、事業を展開するさまざまな国、地域との良好な関係を構築し、地域経済、地域社会に貢献していくうえで、現地社員を採用することによる雇用創出、現地調達が重要な役割を果たすと考えています。この考え方を踏まえ、今後は現地での雇用創出・現地調達を進め、事業を展開するさまざまな国、地域の発展に貢献します。