NAGASEグループ人財開発ポリシーと考え方

NAGASEグループでは、人財開発をグループの成長を支える経営基盤の強化と捉えています。グループの総合機能の発揮に向け、グループ合同での階級別研修、海外現地スタッフ向け研修の充実を通じて、グループ一体となった人財開発を目指しています。

企業活動の基盤となる人財の育成にあたっては、現場での業務遂行や配置転換などにより深く幅広い知見や能力を体得する“OJT”(On-the-Job Training)と、研修や自己学習などにより知識やスキルを習得する“Off-JT”(Off-the-Job Training)を有機的に組み合わせることを基本としています。

OJTを促進する各種施策の実施と同時に、若年層向けの階層別研修や統括者向けの研修など、役割に応じて必要な知識・スキル習得の施策を実施しています。様々な人財開発施策の中でも、以下3点を重視しています。今後も外部環境の変化やNAGASEグループの戦略に合わせ、必要な見直しを図っていきます。

マネジメント力および経営リテラシーの強化とグローバル人財の育成

様々な育成施策の中でも以下3点が大きなポイントとなっています。今後も外部環境の変化やNAGASEグループの戦略にあわせ、必要な見直しを図っていきます。

① グローバル化の推進 海外現地法人やビジネススクールへの派遣、異文化理解プログラムの実施、英語学習支援の実施。
② マネジメント育成 他流試合を通じた意識向上施策(各種ビジネススクール派遣、MBA基礎知識習得プログラムへの派遣など)の活用促進。
③ 共通の価値観浸透 各階層別研修における共通の価値観浸透研修、統括者対象の共通の価値観浸透ワークショップ、サーベイの実施。今後も外部環境の変化などにあわせ、必要な見直しを図っていきます。

人財開発体系図

人財開発体系図 人財開発体系図

人財開発研修制度

制度 概要
海外研修 海外のグループ会社等で研修をする制度
公募 部署側が自部署内の空きポジションへの異動を募る、社内求人制度
FA 社員自ら希望部署への異動を申請できる、社内求職制度
資格取得報奨金 会社が定める公的資格を取得した際に報奨金を与える

主な研修参加者

研修名 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
階層別研修 873人 796人 699人 547人 711人
うち、海外研修 17人 19人 11人 15人 14人
選抜型研修 21人 8人 20人 7人 6人
海外ナショナルスタッフ
ビジネスリーダー
育成プログラム
39人 37人 36人 33人 29人

グループ総合機能の発揮を促進するためのグループ一体的な人財開発

NAGASEグループの総合機能の発揮に向けて、人財開発においても、階層別研修のグループ合同実施や海外ナショナルスタッフ向け本社主催研修の充実化などを通じてグループ一体となった育成を目指しています。

ナガセグローバル人財開発センターの活用

NAGASEグループでは、持続的な成長に向けた人財育成拠点として、「ナガセグローバル人財開発センター」(東京都渋谷区千駄ヶ谷)を2014年5月に開設しました。会議や研修に利用しています。