環境に対する基本的な考え方

NAGASEグループでは、グルーブが目指す「人々が快適に暮らせる安心・安全で温もりある社会」のためには地球環境が持続可能なものであることが大前提であると考えています。

現在、地球環境の変化は、世界中の企業や人々に対して大きな決断を迫っています。NAGASEグル―プでは、低炭素社会、循環型社会の実現、汚染防止、生物多様性の保全、水の利用といった環境課題に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。

事業活動の推進にあたっては、自然生態系、地域環境及び地域環境の保全に配慮しエネルギー・水の節減をはじめとした省資源および廃棄物の削減・リサイクルに取り組みます。

環境方針

上記経営理念に則り、地球環境保全のために、以下の方針を制定し実施する。

1.環境法規制等の順守

事業活動の推進にあたっては、環境関連の法律、条例及びその他法規制等を順守する。

2.環境に配慮した事業推進

事業活動の推進にあたっては、技術的、経済的に可能な範囲で、自然生態系、地域環境及び地球環境の保全に配慮した活動を推進する。

3.社会との共生

良き企業市民として、公的機関、産業界、地域社会等と協力して、NAGASEグループにふさわしい地球環境保全活動を推進する。

4.環境マネジメントシステムの確立と継続的改善

環境方針達成のために、環境目標を定め、環境マネジメントシステムの構築・実施と、継続的改善に努める。

5.環境方針の周知徹底と公表

この環境方針はNAGASEグループで働く全ての人に周知徹底するとともに、社外に対して公表する。

2018年4月1日
長瀬産業株式会社
代表取締役社長
朝倉研二

環境管理体制

NAGASEグループにおける環境マネジメント体制は、1999年5月に当社において地球環境委員会(現・リスク・コンプライアンス委員会)を設置したことに始まります。同委員会で環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001認証取得の助言・支援を行い、現在、当社に加え、ナガセケミカル(株)、ナガセプラスチックス(株)、ナガセ研磨機材(株)、西日本長瀬(株)、ナガセエレックス(株)、オー・ジー長瀬カラーケミカル(株)が環境ISO運営組織下にて活動を行っています。また、国内のグループ会社では、ナガセケムテックス(株)、東拓工業(株)、ナガセテクノエンジニアリング(株)、ナガセテクノサービス(株)、福井山田化学工業(株)が独自で認証を取得しています。

今後も認証取得グループ会社で、環境マネジメントシステムの継続的改善活動を推進していきます。

環境管理体制

NAGASEグループでは、環境について「気候変動」「生物多様性」「資源循環と汚染」「化学品管理」「水資源」「サプライチェーン」の取り組みを推進するため、下の目標を設定しています。各目標の進捗状況は、各開示項目のページをご確認ください。

開示項目 目標項目 バウンダリー 2020年度目標
気候変動 GHG排出量 グループ 【定量】
CO2排出量(原単位換算年間1%以上削減)
2030年に2013年度比で温室効果ガスを46%削減(日本政府目標)
生物多様性 影響を与える可能性がある事業活動
持続可能なパーム油の調達
グループ 【定性】
NAGASEグループ「生物多様性に対する基本的な考え方」に沿って、生物多様性に重大な影響を与える可能性がある事業活動に関して、どのように生物多様性に依存しているのか、また、どのような影響を与えているのかを把握し、生態系への影響を最小化し、回復にも寄与することに努める。

【定量】
持続可能なパーム油の調達
100%(2025年度中)
資源循環と汚染
原材料
紙の使用量 単体(東京本社) 【定性】
NAGASEグループ環境方針(2.環境に配慮した事業推進)に沿って、オフィスにおける紙の使用量削減に取り組む。
資源循環と汚染
廃棄物
事務系一般廃棄物
リサイクル率
単体(東京本社) 【定性】
NAGASEグループ環境方針(2.環境に配慮した事業推進)に沿って、オフィスにおけるリサイクル率の向上に取り組む。

【定量】
リサイクル率80%以上
事務系一般廃棄物排出量 単体(東京本社) 【定性】 NAGASEグループ環境方針(2.環境に配慮した事業推進)に沿って、オフィスにおける廃棄物排出量の削減に取り組む。
汚染と資源循環
汚染
新規投資 単体 【定性】
NAGASEグループ環境方針(1.環境法規制等の順守)に沿って、事業活動の推進にあたっては、汚染物質の排出抑制など汚染の防止に努め、環境関連の法律、条例及びその他法規制等を順守する。
生産 グループ 【定性】
NAGASEグループ環境方針(2.環境に配慮した事業推進)に沿って、生産現場における汚染物質の排出抑制など汚染の防止に努め、生産活動を行う。
化学品管理 関連法令・規制に適切に対応する管理体制 グループ 【定性】
NAGASEグループ「化学品管理に対する基本的な考え方」に沿って、化学品管理を含む商品関連法令管理の強化、情報の集中管理を進め、グループが取り扱う全商品について関連法令・規制に適切に対応する管理体制を整える。
水資源 取排水量
リサイクル
グループ 【定性】
NAGASEグループ環境方針(2.環境に配慮した事業推進)に沿って、取排水量、リサイクル量を把握し、水資源の適正管理や、環境負荷の低減に取り組む。
サプライチェーン バリューチェーンと環境 グループ 【定性】
NAGASEグループ調達方針(3. 地球環境への配慮)に沿って、お取引先に対して環境問題については、バリューチェーン全体で取組むべき社会課題であることを理解頂き、ともに責任あるサプライチェーンの構築・維持を目指す。

ISO14001の認証取得

NAGASEグループでは、1999年5月に「地球環境委員会」を設置、7月の社長による「キックオフ宣言」の後に、環境方針を制定し、環境マネジメントシステムを構築して、全社一丸となり、環境保全活動に取組んで参りました。

2000年4月28日には、審査登録機関であるロイド・レジスター・クオリティー・アシュアランス(LRQA社)の審査に合格し、国際環境マネジメント規格であるISO14001の認証を取得しました。

なお、現在長瀬産業・グループ各社がISO14001の認証を取得しており、環境ISO組織で運用・維持・更新を行っています。全グループ会社に占めるISO認証取得会社の割合は36.0%(従業員数比率)です。(2020年3月末現在)

内部環境監査・外部審査

NAGASEグループでは、環境マネジメントシステムISO14001にもとづき、内部環境監査を年1回実施しています。また認証機構による外部審査も実施しています。

環境データにおける第三者保証

当社の開示するScope1/2/3データについて、情報の信頼性を高めるため、ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン株式会社による第三者保証を受けています。

環境法令法規違反

NAGASEグループにおいて、2020年度環境法令違反(罰金・違約金の支払い)事案はありません。

教育・啓発活動

従業員へ配布する環境カードや、社内ポスターの掲示などを通じてISO14001の教育・啓発活動を行っております。また、2021年4月に発足したサステナビリティ推進室による事業部門ごとの「ラウンドセッション」、事業部門の代表者がTCFDの開示項目「機会」について情報共有、ディスカッションを行う「気候変動ワークショップ」などを通じて、気候変動問題など環境問題に関する重要テーマの情報提供やディスカッションを行っています。

気候変動セッション

気候変動ワークショップ

環境カード

環境カード