労働安全衛生

労働安全衛生に対する基本的な考え方

NAGASEグループは、全ての事業活動において「人間尊重」を基本理念としており、労働安全衛生は事業活動を推進するうえで重要な前提条件の一つと考えています。労働安全衛生活動を積極的に行うことで、継続的な改善、安全で明るく快適な職場の形成と「事故・災害ゼロ」を目標とした活動を推進しています。

労働安全衛生基本方針

  • NAGASEグループ全従業員が一丸となり、安全第一で無事故無災害の職場を目指します。
  • 職場から負傷・疾病の芽を取り除き、健康で安心して働ける職場環境づくりに努めます。
    とりわけグローバルな健康課題であるHIV / エイズ、結核、マラリアなどに対し、その防止に注力します。
  • 労働安全衛生に関連する法令及び同意するその他の要求事項を遵守します。
  • 本方針を目標に展開・実行し、定期的にレビューを行い活動方法及び成果の継続的改善を行います。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムを有効に活用するため、取締役会での決議に基づき適切に経営資源を投入します。

労働安全衛生・健康経営の推進体制

NAGASEグループの労働安全衛生マネジメントは、担当取締役を最高責任者に任命 し、労働安全衛生の管理の主体である各組織を人事総務部が取りまとめる体制で推進しています。

NAGASEグループにとって、それぞれの職場において従業員の安全・健康を確保することは、企業として果たすべき重要な責任のひとつです。

国内外のさまざまな地域で活躍する従業員とその家族が安全・健康であることを望むとともに、従業員が安心して働けるよう、事件・事故・災害等の緊急事態における対応、健康管理に対する万全な体制の構築に努めています。

また、製造拠点における災害発生リスクに対しては、従業員のけがなど労働災害を未然に防止するため、各製造拠点の実情に応じた取り組みを実施するなど、各種安全衛生活動に取り組んでいます。万が一、災害が発生した場合は即時対応するとともに、事例をもとに安全衛生の管理水準向上に向けてさまざまな改善施策を講じています。

当社では衛生委員会を月に1度開催し、産業医から助言を受けながら職場巡視も含めた職場環境の改善や健康に関するテーマについて協議しています。またストレスチェックや衛生委員会アンケートの実施を通じて社員の健康や労働環境の改善を図っております。

労働安全衛生・健康経営の推進体制図

具体的な取り組み

ナガセケムテックス(株)では、設備の新設・改造時、および原材料の新規導入・変更時には、リスクアセスメント運用規定に基づき、リスクアセスメントを実施しています。多くの化学薬品を使用する化学工場であるため、既存の設備においても、新たに生産を開始する製品については、火災・爆発、および異常反応の危険性に重点を置いたケミカルリスクアセスメントを実施し、安全性を確認するよう徹底しています。

(株)林原では、人事総務リスクアセスメント評価調査表を活用し、改善優先度と残留リスクを特定しています。定期的に評価結果と改善状況を台帳に記入することにより、改善状況のモニタリングを行っています。

NAGASEグループにおいて、グループ製造業連携委員会を設置しており、グループ製造会社の安全、品質、環境管理などの非財務項目の改善活動を推進し、グループとしての標準的な製造管理体制の構築を進めています。製造業連携委員会内で各社に共有し、注意喚起に努めております。(労災事例、労災に至らなかった事故事例、熱中症対策事例、重量物取り扱い対策事例など)また、日本労働安全衛生コンサルタント会による労働安全診断を年1回以上行っています。

労働災害発生状況

2020年度の労災発生原因は、「機械に挟まれ・巻き込まれ:5件」「踏み外し・躓き・転倒:5件」「ぶつけ:7件」等でした。グループ製造業連携委員会では、当該労災について、リスクアセスメント(RA)とヒヤリハット(HHT)件数を経年で確認することで、労災の未然予防や危険感受性の向上に役立てています。また、同委員会では、管理職向け研修などの人財育成、設備・インフラの整備、ISO45001の取り組みサポートなどの仕組み、他社事例の共有などグループ連携を推進し、類似災害の再発防止を確立し、各職場に徹底しています。

労働安全衛生の目標

バウンダリー 2020年度目標
NAGASEグループ 【定量】
労災件数:ゼロ
度数率:1.00以下を維持
労災頻度:1.00以下(2023年度までに)

2021年度は、KPI達成のために、専門コンサルタントによる重点フォロー先の労働安全診断およびフォローを4件以上行うことを目標としています。

健康経営への取り組み

NAGASEグルーブでは、グループ従業員の健康の維持向上を支援すべく「NAGASE健康宣言」を策定・公表し、これを推進しています。また、この考え方は、グループの従業員に限らず、企業活動に関与する全てのステークホルダーに適用されます。

NAGASE健康宣言

NAGASEグループは、「人々が快適に暮らせる安心・安全で温もりある社会」を目指しています。そのためには、グループの財産である、従業員とその家族が心身ともに健康であることが大切であり、最も重要な経営課題です。NAGASEグループでは、長瀬産業株式会社代表取締役社長を最高責任者とし、人事総務部健康推進室、労働組合と連携・協議を行い、労使共同で従業員一人一人の健康維持・促進のための各施策を推進します。

例えば、毎月開催する衛生委員会の場では、「柔軟な働き方」「有給休暇の取得の促進」「時間外労働の削減」を主要な取り組み課題とし、社員からの職場・勤務環境に関するアンケート結果も活用しながら、社員がより働きやすい職場環境の構築について労使共同で協議を重ねています。

長時間労働削減に対する方針
安全衛生・健康づくりの方針並びにガイドライン

長瀬産業では、長時間労働削減に関して、以下の安全衛生・健康づくりの方針並びにガイドラインを制定し、運用しています。

安全衛生・健康づくりの方針並びにガイドラインの目的

従業員:自らの健康の維持・管理を行って「心身ともに健康」に働き、健全な労務提供を行う。
会社:安全衛生及び健康推進活動を進めることによって、従業員の安全の確保および健康づくりを支援する。

施策及び具体的な取り組み

海外赴任者への医療サポート

NAGASEグループは世界中で事業を展開しており、世界的な健康問題である三大感染症と呼ばれるHIV、結核、マラリアへの対応は重要であると認識しています。海外勤務者には、海外勤務者規定で赴任前健康診断、赴任中健康診断、帰国後健康診断および赴任前予防接種を受けることを義務づけています。

禁煙チャレンジ強化推進

世界保健機関(WHO)で「新型コロナウイルス感染症とたばこの関係」がテーマ化されるなど、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発が世界的に叫ばれています。NAGASEグループでは、従業員およびその家族を対象とした「禁煙チャレンジ」を推進しています。会社が禁煙外来の治療終了までの自己負担額を上限2万円まで実費補助をしています。

健康支援施策

健康診断(定期健康診断、生活習慣病健診、年輪健診、海外渡航者・一時帰国者・帰国者の健康診断) / 特定健診・特定保健指導 / 各がん検診 / 郵送がん検診 / 歯科健診 / インフルエンザ予防接種実施 / 治療と仕事の両立支援 / 女性の健康保持促進への支援 / 家庭用常備薬の配布・あっせん / ファミリー健康相談 / ベストドクターズ・サービス

メンタルヘルス対策

メンタルヘルスカウンセリング / メンタルヘルス研修 / 復職サポート / ストレスチェック

健康促進

長瀬クラブによる部活動 / 事業所内マッサージ室設置 / ウォーキングイベント実施 / 禁煙デーの設置 / 禁煙サポート / 保養施設の利用促進 / 長時間労働削減対策 / 週一回のノー残業デー設定 / 部署ごとの時間外勤務状況の掲示

働き方改革に向けた取り組み

NAGASEでは、グループ全体の生産性・ワークライフバランスを高めていくために、個々の従業員が生産性・効率性を踏まえたメリハリのある働き方をすることが重要と考えています。

こうした考えのもと、NAGASEでは従業員の働き方の改善に向けた議論や取り組みを進めています。

働きやすい環境づくりのための各種制度・施策

制度・施策 概要
配偶者出産休暇 配偶者の出産日当日に与える休暇
フレックス勤務 (研究・開発業務従事者対象)業務の都合に合わせて、社員が自律的に出社や退社の時刻を決定することを認めるもの
リフレッシュ休暇 心身のリフレッシュを図ることを目的として、勤続満15年目の社員に与える休暇

リモートワークの推進

長瀬産業では新型コロナウイルス感染症への対応として、通勤時の感染を予防するためにシフト勤務による時差通勤を推奨しています。 また、1週間当たり週2日までの在宅勤務を目安としてオフィスとリモートを組み合わせたハイブリッドな働き方で生産性の向上とワークライフバランス実現を目指しています。

労働安全衛生・健康経営に関するデータ