化学品管理に対する基本的な考え方

化学品の安全な取り扱いは、NAGASEグループの事業を支える重要な基盤です。化学品管理を含む商品関連法令管理の強化、情報の集中管理を進め、NAGASEグループが取り扱う全商品について関連法令・規制に適切に対応する管理体制を整えています。

レスポンシブル・ケアの取り組み

当社は、日本化学工業協会の業務委員会であるレスポンシブル・ケア(RC)委員会に参加しています。化学品の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至るすべての過程において、環境・健康・安全を確保し、その成果を公表し、社会との対話・コミュニケーションを行う自主活動であるレスポンシブル・ケア活動を推進しています。

目標と進捗

開示項目 目標項目 バウンダリー 2020年度目標 2020年度実績
化学品管理 関連法令・規制に適切に対応する管理体制 グループ 【定性】
NAGASEグループ「化学品管理に対する基本的な考え方」に沿って、化学品管理を含む商品関連法令管理の強化、情報の集中管理を進め、グループが取り扱う全商品について関連法令・規制に適切に対応する管理体制を整える。
【定性】
達成

具体的な対応の仕組み

NAGASEグループでは、新たな商品を取り扱うにあたり、その化学成分や規格性能に基づいて該当法令をチェックしています。成分単位での登録を行うことで、成分に起因する関連法規にも国ごとに対応しています。こうした商品データは前述の商品総合管理システムに登録し、グループ全体での一元管理化に取り組んでいます。関連団体に加盟して化学品規制に関する最新情報を入手するとともに、製品に含まれる化学物質をサプライチェーンに共用するツール「chemSHERPA 」 などを活用して関係先への的確な情報提供に努めています。

世界の化学品法規制への対応

2002年のヨハネスブルグ・サミット(WSSD)で決議された「国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ(SAICM)は、2020年までに化学物質の製造と使用による人の健康と環境への悪影響の最小化を目指すこととしています。この理念に基づき世界全体で化学物質管理規制の厳格化・共通化が進捗しています。このため、化学品管理規制に関連する世界の動きを先取りし、化学物質情報のグローバル管理を実現してお取引先に最新かつ正確な情報を提供するべく、海外現地法人でも商品管理のシステム化・教育・指導を推進しています。

SAICM 達成に向けた各国の動きの一例

地域・国 インベントリ GHS
日本 化審法 労働安全衛生法
米国 TSCA HCS(OSHA)
EU諸国 REACH CLP
中国 新化学物質環境管理弁法 危険化学品安全管理条例
韓国 化評法(K-REACH) 産業安全保健法
台湾 毒性及び懸念化学物質管理法 職業安全衛生法
ASEAN諸国 各国整備中 各国運用中

グループで保有する業許可・品目許可一覧

毒物劇物製造業 / 毒物劇物輸入業 / 毒物劇物一般販売業 / 医薬品製造業(区分:包装・表示・保管) / 医薬品販売業  / 動物用医薬品卸売販売業 / 麻薬等原料輸出業者 / 麻薬等原料輸入業者 / 特定麻薬等原料卸小売業者 / 向精神薬輸出業者 / 向精神薬輸入業者  / 覚せい剤原料輸出業者 / 覚せい剤原料輸入業者 / 覚せい剤原料取扱者 / 第二種医療機器製造販売業 / (第1種)高圧ガス販売業 / (第2種)高圧ガス販売業 / 農薬販売業  / 肥料販売業 / 飼料輸入業 / 飼料販売業 / 飼料添加物輸入業 / 飼料添加物販売業 / 酒類販売業 / アルコール輸入事業 / アルコール販売事業 / 塩卸売業者  / 塩特定販売業(輸入業) / 建設業(機械器具設置工事業)

PRTR法対象物質

NAGASEグループでは、「特定化学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)」に基づき、毎年、製造あるいは使用した指定化学物質について、環境への排出量および移動量を国に届け出ています。

化学品管理に関するデータ